北摂・豊中・鶴見の新築一戸建て不動産情報は総合住宅販売 > 株式会社総合住宅販売のスタッフブログ記事一覧 > 大阪市鶴見区の子育て事情!病児・病後児保育とは?医療施設の紹介も

大阪市鶴見区の子育て事情!病児・病後児保育とは?医療施設の紹介も

カテゴリ:エリア情報

大阪市鶴見区でマイホームの購入を検討しているみなさま。

 

大阪市鶴見区では病児・病後児保育の施設が多くあります。

 

今回は病児・病後児保育の重要性と、大阪市鶴見区周辺の病児・病後児保育施設をご紹介します。


大阪市鶴見区の風景

 

大阪市鶴見区の病児・病後児保育 病児・病後児保育とは?


小さな子どもをお持ちの親御さんの方はお分かりいただけると思いますが、子どもってすぐに体調を崩してしまいますよね。

 

でも、両親ともに働いていて、熱を出すごとに会社を何日も休めないという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中、病児・病後児保育施設というものがあります。

 

病児保育とは病気にかかっている子どもを預かってくれる施設。

 

病後児保育とは病気は治ったものの本来の状態には戻っていない子どもを預かってくれる施設です。

 

大阪市鶴見区近辺では病児保育施設が3か所、病後児保育施設が2か所あります。

 

大阪市鶴見区の病児・病後児保育 鶴見区近辺の病児保育施設


鶴見区の病児保育施設は、以下のの3ヶ所があります。

 

アリス病児保育室(中野こども病院内)

 

・すみれ病院・くるみ乳児院(すみれこどもケアルーム)

 

・福田クリニック病児保育室もりの風(福田クリニック内)

 

アリス病児保育園は生後3ヶ月から、残り2か所は生後6ヶ月から利用でき、3ヶ所とも小学校6年生までが上限となっています。

 

病児保育はどこも病院内の施設のため、万が一体調が悪くなっても安心ですね。

 

大阪市鶴見区の病児・病後児保育 鶴見区近辺の病後児保育施設


鶴見区近辺の病後児保育施設は、以下の2か所があります。

 

・のぎく保育園(病後児保育室 菜ずな)…生後6か月から小学3年生まで

 

・城東ちどり保育園…生後6か月から小学6年生まで

 

のぎく保育園が鶴見区内にあるため、急いでいるときにも便利ですよ。


大阪市鶴見区の小児科

 

大阪市鶴見区の病児・病後児保育 開園時間・利用方法は?


開園時間はすべて月曜から土曜の朝8時から夕方5時までで、延長保育を行っているところもあります。

 

料金は12500円で、利用するためには事前の無料登録が必要です。

 

子どもが元気なうちに登録しておくといざという時に施設を利用することができますよ。

 

まとめ


今回は大阪市鶴見区の病児・病後児保育についてご紹介しました。

 

大阪市鶴見区では、子どもが体調を崩した場合でも預けられる施設があるため、どうしても仕事を休めないという共働きファミリーでも安心できます。

 

ぜひ、大阪市鶴見区をマイホーム購入の候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

 

株式会社総合住宅販売では、そんな子育てファミリーにオススメのエリア・大阪市鶴見区の不動産物件を扱っております。

 

大阪市鶴見区でのマイホームに関するご相談は、株式会社総合住宅販売までお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|学区に縛られない!?大阪市鶴見区の学校選択制のメリットとは?   記事一覧   子育て情報はスマホから!?阿倍野の保育支援について|次へ ≫

トップへ戻る