北摂・豊中・鶴見の新築一戸建て不動産情報は総合住宅販売 > 株式会社総合住宅販売のスタッフブログ記事一覧 > 学区に縛られない!?大阪市鶴見区の学校選択制のメリットとは?

学区に縛られない!?大阪市鶴見区の学校選択制のメリットとは?

カテゴリ:エリア情報

大阪市鶴見区でマイホームの購入を検討しているみなさま。

 

大阪市鶴見区では学校選択制という制度を取り入れていることをご存知ですか?

 

今回は学校選択制とはどのような制度なのか、鶴見区で取り入れている学校選択制はどのようなものかをご紹介していきます。


大阪市鶴見区の街並み

 

大阪市鶴見区の学校選択制 学校選択制とは?

 

そもそも学校選択制って一体どんな制度なのでしょう?

 

従来では学区制といって、居住地によって就学する学校が決まっていました。

 

基本的には近くの学校に通うことになりますが、学区の区切り方や、学校の統廃合により、必ずしも近くの学校に通えるというわけではありません。

 

これ対して、居住地に関係なく就学する学校を自由に選べる制度が学校選択制です。

 

しかし、自治体により様々な選択の仕方があり、すべての学校から選べる自治体もあれば、本来の学区の近くの学校からしか選べないという自治体もあります。

 

大阪市鶴見区の学校選択制 学校選択制のメリットとは?

 

わざわざ学区外の学校を選択するメリットとはなんでしょうか。

 

メリットの1つ目は上記でも挙げたように、学区外であっても自宅から近い学校を選ぶことができる点です。

 

ほかにも、学区内の学校では交通量の多い道を通らなければならない場合など、通学の利便性や安全性を考え学校を選択できます。

 

メリットの2つ目は、学校のカリキュラムに合わせて学校を選べるという点です。

 

公立の学校でも生徒の人数や部活動の種類の違いなど様々な特色があります。

 

このように、学校選択制によって子どもにあった学校を選ぶことができます。


大阪市鶴見区の学校選択制

 

大阪市鶴見区の学校選択制 大阪市鶴見区の取り組みとは?


大阪市鶴見区でも学校選択制を取り入れています。

 

こちらでは市内全域の学校から選択することができます。

 

しかし、原則として自転車の通学は認められていませんが、学校によっては公共交通機関による登下校を許可していることも。

 

また、兄弟が同じ学校に通っている場合、人数さえ空きがあれば優先的に入れるように配慮されています。

 

学校を選択できるタイミングは小学校入学時と中学校入学時の2回のみで転入などを除いては途中での転校は認められません。

 

マイホームの購入等で市内の引っ越しを行った場合でも、前の学区の学校に通い続けるということができますよ。

 

まとめ

 

今回は大阪市鶴見区の学校選択制についてご紹介しました。

 

鶴見区に住んでいるが、子どもの転校が気がかりでマイホームの購入をためらっていたという方も、この制度を利用して、マイホームの購入に一歩前進してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社総合住宅販売では、そんなお子さんにも保護者の方にも嬉しい制度のある大阪市鶴見区の不動産物件を扱っております。

 

マイホームに関するご相談は、株式会社総合住宅販売までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

≪ 前へ|大阪市東住吉区で粗大ゴミを出したい!持ち込みでお得に処分?   記事一覧   施工事例 刀根山F号地|次へ ≫

トップへ戻る