北摂・豊中・鶴見の新築一戸建て不動産情報は総合住宅販売 > 株式会社総合住宅販売のスタッフブログ記事一覧 > 千里ニュータウンは街の再生計画でも先駆的!

千里ニュータウンは街の再生計画でも先駆的!

カテゴリ:エリア情報

千里ニュータウンは街びらきから50年以上が経過した、日本ニュータウンの草分けとなった街です。

 

現在、住民の高齢化や施設の老朽化が深刻な問題となり、街の再生計画の真っただ中で、その取り組みが注目を集めています。


全国のニュータウンに先駆けて行われている、第2段階目となるまちづくりを見ていきましょう。


千里ニュータウン



千里ニュータウンの再生計画は住民主体


千里ニュータウンのまちづくり再生は、行政一任ではなく住民参加型で行われています。

 

住人は先駆的な街に住みついた誇りもあってか、もとより地域活動を盛んに行ってきました。

 

2006年に設立された「千里ニュータウン再生のあり方検討委員会」には、もちろん住民代表が参加しています。

 

2012年の「千里50年まつり」では、2日間で約3万人を動員させるイベントを住民主導のもと開催させ、まちを活気づけました。

 

地域活動の活性化がまちづくりの一端を担っているようですね。


 

千里ニュータウンの再生計画①せんちゅう芝生ナイトシアター

 

千里ニュータウン再生活動に「せんちゅう芝生ナイトシアター」が挙げられます。

 

パブリックスペースである「せんちゅうパル2階北広場」を活用し、住人交流の場を設けるイベントです。

 

広場にて飲食の販売があり、無料上映のナイトシアターが楽しめます。

 

今年の開催日と上映作品は、106():「SING / シング」・7():「ラ・ラ・ランド」 です。

 

秋の夜長にぴったりなイベントは、家族恒例の思い出づくりにもなりそうですね。


千里ニュータウン2



千里ニュータウンの再生計画②千里キャンドルロードプロジェクト


千里ニュータウン再生の象徴企画ともいえる、「まちびらき50年」をきっかけに始まった千里キャンドルロードプロジェクト。

 

千里北公園に9万個のキャンドルをならべ、参加者が火を灯して幻想的な光の夜をつくりあげます。

 

9万個のキャンドルはまちの人口を意味し、目指すはふるさとのお祭りだそうです。

 

今年の開催は1027()7回目を迎えます。

 

心待ちにする住民も増加しているようで、地域行事としての定着が伺えますね。



まとめ


千里ニュータウンの再生に貢献しているのは、まちに愛着をもつ住人で、減少していた人口も2011年以降は増加に転じています。

 

まちの再建に次世代の必要性を感じている背景があり、転入者に対しては寛容で住み心地は良好です。

 

生活利便性と自然のバランスが取れた好立地という特徴に新しい魅力を加え、千里ニュータウンはますます発展していくことでしょう。

 

そんな素敵な街、千里ニュータウンでマイホーム探しをしてみませんか。

 

株式会社総合住宅販売ではファミリー向けの物件を多数取り扱っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

ご希望に沿った家探しのお手伝い致します。

≪ 前へ|リノベーションのメリット   記事一覧   大阪市阿倍野区は子育てしやすい街!子育て支援制度をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る